読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kei-Mad 断想録

変なものを変と言い、嫌いなものを嫌いと自由にはっきり言える世の中であることを願って始めました。

反戦短歌を作ってみた

★ 帝国の設計図にて創られし

           帝国(クニ)はみな侵略を生業(ナリワヒ)とす

 

★ 欧州に規範(ノリ)を求めて造りし国は

           帝国の名に恥じぬ侵略行(ギョウ)ズ  

            

★ 帝国と名付けられたる我が国が

           侵略するはその発露と知れ

 

★ あの戦争(イクサ)身に沁(シ)み生きて残りたる

             人みな多くを語らずに逝(ユ)く

 

★ 戦争を知りたる者の数多(アマタ)逝(ユ)き

             聖戦語る輩(ヤカラ)増えゐる

 

 

★ 戦争の妄念傷を忘れ果て

           今その反省を自虐と呼ぶか

 

★ 敗戦を終戦なりと呼び来しは

         災害の如(ゴト)其(ソ)を見しならむ

 

★ 戦争を災害の如く見しならば

           そこに反省は生まれ来らず

 

★ 二十一歴史に残る馬鹿残し

           聖戦語る資格はありや

 

★ 百万の軍を中華に率い行き

          ドンパチするは聖戦なりしや 

 

ノモンハンジャワスマトラの戦役後

           軍の人事のおぞましきをみよ

 

★ ジャワスマトラインパール

           ここに旧日本軍の本質を見る

 

★ 友軍をかくも死地に赴(オモム)かす

           将は異邦で何をかせむや

 

★ 同胞(ハラカラ)の兵さえ死地に赴(オモム)かす

           異郷の民の虐殺むべなし

 

★ 戦前を今より良しと懐く者

            辻(ツジ)牟田口(ムタグチ)を忘れしか

 

★ 今人(イマビト)は辻(ツジ)牟田口(ムタグチ)を知らぬのか

            人より兵器崇(アガ)めし輩(ヤカラ) 

 

★ 一人(ヒトタリ)の辻(ツジ)牟田口(ムタグチ)がおりしかば

            隠されし同様の輩(ヤカラ)幾千あらむ

 

 

 ★  靖国は其処(ソコ)で会おうの地にやあれ

            浄(キヨ)むる神の一柱(ハシラ)とてなき 

 

★  どの神の御業(ミワザ)によりて英霊

            浄めむとするか靖国の社は

 

★ 戦場(イクサバ)で死せる御霊(ミタマ)は

            荒御霊 四魂乱れし禍津の御霊

 

★ 戦争(イクサ)にて死せるといえど神ならで

            禍津(マガツ)の御霊(ミタマ)になるだけなるを

 

★ 戦場(イクサバ)で死せる者(ハ)禍津(マガツ)と皆知れば

           疾(ト)く鎮(シズ)めして祖霊(ミオヤ)に返すを

 

天皇の為に戦争(イクサ)で死せる者

           神とて祭るを古(イニシヘ)に見ず

 

★ 古(イニシヘ)は戦争(イクサ)で死せる者を皆

            慰霊し祖霊(ミオヤ)に返せしものを

 

靖国に永久(トワ)に祭らる命より

            末と生るる今一度(ヒトタビ)の生

 

英霊の帰すべき処は靖国ならで

             子孫(コマゴ)が遊ぶ故郷の丘

 

★ 父祖眠り子孫(コマゴ)が遊びおる見えし

            小高き丘こそ至福処ならむ

 

英霊と呼ばれる魂の一々は

            神とは呼べぬ未熟の霊なり

 

★ 幾度も末と生るる生を得て

          徳を積むべき未熟の霊なり

 

★ 未熟なる御霊(ミタマ)英霊と持ち上げて

            神となる道閉ざす詐欺なり

 

★ キュウべぇも驚く詐欺の靖国

            ありとは知らね詣でし人は

(作歌 Kei-Mad/麻土恵)